妊娠線ってなんでできるの?

画像

妊婦さんの約半数の方に、妊娠線が現われているのが現状です。つまり、妊婦さんの2人に1人は、妊娠線ができているということです。そもそも妊娠線とは、腹部や太ももなどに縦に何本も入る細い線のことです。いわゆる肉割れのことであり、別名「ストレッチマーク」と呼ばれることもあります。

 

 

 

 妊娠してお腹が大きくなる時や、体重増加が原因となって、皮膚は伸びます。人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されているのですが、そのうち伸びることができるのは、表面にある表皮だけです。真皮と皮下組織の2つは、非常に伸びにくい性質がありますので、表皮の伸びについていけず、皮膚に亀裂が入ってしまうというのが、妊娠線のできる理由です。

 

 

 

 妊娠線は、皮下脂肪のつきやすい部位に、できやすい特徴があります。ゆえに、皮膚のやわらかいお腹周りや太もも、お尻、胸の部位に多く見られます。妊婦さんの場合には、妊娠周期が進むにつれて大きくなるお腹周りだけではなく、授乳のために大きくなるおっぱいも、皮膚が引っ張られやすいので、妊娠線が現われやすい部位となります。

 

 

 

 妊娠線は、早めにケアを行なうことによって、必要以上に増えることを予防することができます。できてしまった妊娠線は、なかなか消えませんので、予防が重要なポイントとなります。お腹が大きくなる6カ月頃から、ストレッチマークが目立つようになるのですが、妊娠初期から、できやすい部位のケアを行うように心がけましょう。

 

 

PR:妊娠線クリームならベルタ妊娠線クリーム