妊娠線ってなんでできるの?

画像

妊婦さんの約半数の方に、妊娠線が現われているのが現状です。つまり、妊婦さんの2人に1人は、妊娠線ができているということです。そもそも妊娠線とは、腹部や太ももなどに縦に何本も入る細い線のことです。いわゆる肉割れのことであり、別名「ストレッチマーク」と呼ばれることもあります。

 

 

 

 妊娠してお腹が大きくなる時や、体重増加が原因となって、皮膚は伸びます。人間の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つで構成されているのですが、そのうち伸びることができるのは、表面にある表皮だけです。真皮と皮下組織の2つは、非常に伸びにくい性質がありますので、表皮の伸びについていけず、皮膚に亀裂が入ってしまうというのが、妊娠線のできる理由です。

 

 

 

 妊娠線は、皮下脂肪のつきやすい部位に、できやすい特徴があります。ゆえに、皮膚のやわらかいお腹周りや太もも、お尻、胸の部位に多く見られます。妊婦さんの場合には、妊娠周期が進むにつれて大きくなるお腹周りだけではなく、授乳のために大きくなるおっぱいも、皮膚が引っ張られやすいので、妊娠線が現われやすい部位となります。

 

 

 

 妊娠線は、早めにケアを行なうことによって、必要以上に増えることを予防することができます。できてしまった妊娠線は、なかなか消えませんので、予防が重要なポイントとなります。お腹が大きくなる6カ月頃から、ストレッチマークが目立つようになるのですが、妊娠初期から、できやすい部位のケアを行うように心がけましょう。

 

 

PR:妊娠線クリームならベルタ妊娠線クリーム

 

妊娠線のできやすい時期について

妊娠すると、女性の体型は出産までに大きく変化していきます。なかでも気にしがちな悩みとしてい、妊娠線があります。妊娠線は、お腹や胸、お尻や太ももなど、あらゆる場所に出来やすい線です。

 

 

線が出来る原因は、皮膚が伸びて裂けてしまうことにあります。表面の皮膚はある程度伸縮性がありますが、内側の真皮は避けやすい性質を持っています。

 

 

真皮は一度裂けてしまうと元に戻ることはなく、裂けた隙間から見える血管が赤い稲妻のような線となってできてしまいます。これが妊娠線で、産後は少し赤みが薄くなりますが、完全に消すことは難しいです。

 

 

妊娠線のできやすい時期は、お腹が大きくなってくる妊娠後期です。また、出産に向けて胸も大きくなってきたり、体重が増加しやすい時期とも重なります。

 

 

そのため、妊娠後期には保湿クリームなどを多めに塗って、線が出来ないようにするのが良いです。また、もし出来れば妊娠初期のうちから保湿クリームで皮膚をケアしておくと、さらに効果的です。

 

 

妊娠線は、どんなにケアしても出来てしまう人はたくさんいます。しかし出来る限りのことをすれば、それほど目立たずに済むこともありますので、体重管理をしながら、ケアにも力をいれるのが大事です。

妊娠線を退治するために

画像

妊娠をしたときに気をつけなければいけない症状はたくさんありますが、出産が終わってからも残ってしまうやっかいなものが妊娠線です。妊娠線はお腹が大きくなってきた段階でボディクリームなどを利用すると予防できる可能性が高いのですが、それをおこなってもできてしまう方はいます。

 

 

できてしまった妊娠線を薄く目立たなくさせるためにもボディクリームが有効となっています。しかし、ボディクリームでは完全に消すということはできませんので、その効果に満足できないという方も多いでしょう。

 

 

そういったときには妊娠線の治療に対応している美容系のクリニックや病院に訪れることをオススメします。美容系のクリニックや病院では妊娠線を消すための手術をおこなっていることが多く、体にできてしまった嫌な亀裂を綺麗に消してもらうことができます。

 

 

ボディクリームとは比べものにならないくらい効果があるので、妊娠線を絶対に消したいと考えている方はお医者様に診察をしてもらいましょう。

 

 

なお、手術が心配という方はレーザー治療というメスを使わない方法もあります。軽めの妊娠線ならば始めからレーザー治療の対象となることもありますが、心配ならば最初からクリニックのお医者様に相談をして見ると良いでしょう。